檸檬の木の下で

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鳥たちの春

summer_soulstice2


春の雲旅の荷物は軽くあれ


春は鳥たちの季節。あちこちで観察会など盛んに行われているのですが、わたしが出逢うのを楽しみにしている鳥のひとつに、Great Blue Heron があります。
Golden Gate Park の池の畔の木立が、かれらの営巣場所です。
昨年、ボランティアによる観察会に参加して都会の公園の中に多彩な野鳥が棲んでいることを教えてもらってからというもの、春になると気分はそわそわ、このごろの私は空ばかり眺めています。



翼を持たないわたしは、空を見上げて鳥たちの暮らしを想います。
鳥たちの眼には地上の世界はどのようにうつっているのでしょうか。


何も持たない、けれど翼のある身体ひとつで生きているものたちに比べ、ごたごたと荷物の多い自分。
身も心ももうすこし身軽になって、どこかへ旅にでも出たい、春ですね。





Greate Blue Herons in Golden Gate Park 
Bay Nature というサイト。Great Blue Heron についてのビデオが見られます。

Great Blue Heron
wikipediaによる記事(英文)



にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ




スポンサーサイト
  1. 2009/03/09(月) 22:39:42|
  2. わたしの絵と俳句
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

西の果ての砂の国

tulip town

tulip town
watercolor on paper 5 1/2 x 15” 2007


マグリブに星随へて冬至光




きのうは冬至。
西の空に沈んだ太陽は、また力を取り戻しはじめます。



夕暮れのショッピングモールの駐車場で
夕陽に向かって一心にお祈りをしているイスラム教徒の家族をみかけました。
空には、星がひとつ、ふたつ。



私は、イスラムと文化的になんら関わりをもたないはずなのに
なぜか、心にのこる、懐かしさを感じる光景でした。
夕焼けを前にすると、そんな気持ちになるものなのかもしれません。



いつか、西の果てのマグリブの国で、砂漠に落ちる日と星を眺めてみたいと願っています。







*マグリブ(Maghrib, مغرب)は、アラビア語で「日が没すること、没するところ」を原義とする語。「西方」の意味を持ち、地域名としても用いられる。また、ムスリム(イスラム教徒)の義務である一日五回の礼拝(サラート)のうちの一つである日没時の礼拝を指す言葉でもある。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』





にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ



  1. 2008/12/22(月) 14:19:15|
  2. わたしの絵と俳句
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

木染月

crisp_morning
mmmmmCrisp Morning    水彩/紙   20.4x17.5cm

     



      きんいろの思ひ出を蒔く木染月


 

   木染月とは、陰暦八月の異名のひとつ。角川書店発行「必携季寄せ」によれば
   八月にはなんと十一もの異名があります。
   木々の葉が少しずつ色を変えていく、木染月にはそんな意味があるのでしょう。
   
   四季があまり明確でないベイエリアですが、過ぎてゆく夏を惜しむかのように
   今週後半は熱波がやってきて、半袖が心地よい日がありました。
   朝がだんだん薄暗くなり、日の出が少しずつ遅くなっているのがわかります。
   
   涼しい気候でも、夏の終わりを感じることができるのは
   やはり「光」の微妙な変化を感じるからだと思います。
   特に朝、バス停でバスを待つとき、しみじみと「秋の光」を感じるこのごろです。
   
   9月はサンフランシスコのCity Art Galleryにてグループ展に参加します。
   そこで出品する絵をご紹介していく予定です。
   
   





にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ






   


  1. 2008/08/30(土) 11:30:35|
  2. わたしの絵と俳句
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

汽笛

天気雨部分





緑陰や遠くで汽笛呼んでおり





日曜日は、数ヶ月ぶりの「ひねろう会」句会がありました。

「ひねろう会」とは、イーストベイ在住の俳句好きな仲間があつまって
のんびりゆったり、俳句を詠みましょうという会です。
日本語のリハビリも?兼ねています。
毎回おいしいものとお酒を持ち寄って
飲み食べつつの句会。
いたってのんびりしたものです。

今回のごちそうは、白マグロのお刺身。
持ってきてくださったYさん、じつは懇意にしているお寿司屋さんからの
いただきものだそうでちゃんと寿司飯つき。
ビールと白ワインも、おかげさまで進みます。


[汽笛]の続きを読む
  1. 2008/07/15(火) 14:49:44|
  2. わたしの絵と俳句
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

白夜光

白夜光

early summer 初夏      水彩、色鉛筆/紙  5x14 1/2 inch





白夜光スケッチだけの旅日記



夏至は過ぎたけれど、サマータイムのおかげでまだ9時くらいまでは明るく
なかなか陽が傾かないので、ついついのんびりとしてしまいます。


子供の頃好きだった作家に、アンデルセン(デンマーク)、トペリウス(フィンランド)、トーベ・ヤンソン(フィンランド/スウェーデン)と
3人のスカンディナビアンがいます。
どれも、短い夏の描写が美しい作家。
日の沈まない夜(夜がない?)、幼い頭では想像もつきません。
白夜ではないけれど、イギリスの子供向けの詩(なんだったかは忘れました・・・)にも
11時頃になってようやく日が沈む、という一節がありました。


日本では考えられないこの現象にずっと憧れ続けていて
いつかは、白夜の頃の北欧を旅してみたいと思っています。
木々の色、風の色、水の色、空の色。
ぽかんと頭をからっぽにして
見たことのない光に
包まれてみたいのです。





にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ



  1. 2008/07/05(土) 23:56:42|
  2. わたしの絵と俳句
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。