檸檬の木の下で

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

南風吹く日

南風吹く日






船長の鸚鵡が逃げる南風吹く日






せんちょうのおうむがにげるはえふくひ

「南風」と書いて 「みなみかぜ」「みなみ」「はえ」「まじ」。
風の性質、地方によりさまざまな呼び方をするそうです。
四月から八月末ごろまで吹く、南よりの暖かな季節風をさします。
南風に色がつくと、黒南風(くろはえ)は梅雨時の雲が低くたれ込めた日に
白南風は梅雨明け後、明るい夏の日に吹く風とされています。


南風に吹かれていると、大気に融け込むような気持ちになります。
自分の中を風が通り抜けていき、多少のモヤモヤは吹き飛ばされてしまう。
風にお掃除されているようなものかもしれませんね。
台風が近づいて、雲が低く飛ぶように走る日も
不安とわくわくが混ざった不思議な気持ちで空を眺めたものです。


四季を通じて冷たい風にさらされるSFでは
風には防御、抵抗という姿勢で臨まなければなりません。
What do you miss about your country?
(恋しいもの、なくなって寂しいものはなんですか)
ときかれることがありますが
私は「家族・友人」のほかに real summmer(本物の夏)と humidity(湿気)などと答えています。


日本食や、本、そのほか何でもお金さえだせば不自由なく手に入る。
でも気候とそこから引き起こされる、身体的精神的な影響は
持ってくることはできませんね。
世界がだんだん狭くなっているとはいえ
輸入・移植・取り替え・翻訳できないものはたくさんあります。


変えようがないものを大切に見直したいし
そこに独自の思想、文化、芸術が生まれる可能性がある、と感じています。




にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ



スポンサーサイト
  1. 2008/06/26(木) 09:14:35|
  2. わたしの絵と俳句
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

幸福の鳩

歩道にかかれた白い鳩。



白い鳩







くわえているのは何かしら。
オリーブの枝?






白い鳩部分





こんどうちにも遊びにおいで。








にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ






  1. 2008/06/22(日) 00:00:00|
  2. ギャラリー道草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

霧めいた夜 全体図

「霧めいた夜」の全体図です。
奥の方の、丘の上の家々に霧がかかっている・・・つもり。


霧めいた夜全




しかしよくみると「夜」ではなく「夕暮れ」が正しいようですね・・・。
人間の視覚とか、記憶とか、そこから結び付く言語とか
なんて曖昧なんでしょう。
(あれっ、わたしだけかも?)



めずらしく夏らしい暑い一日でした。
半袖で自転車に乗って買い物へ出かけ
野菜を満載したリュックを背負って上り坂をえっちらおっちら行くと
さすがに汗をかきました。

これだけ暑いと明日かあさってにはまた、霧です。




にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



  1. 2008/06/21(土) 00:00:00|
  2. わたしの絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

青水無月

花ざかりの夜
                                   




青水無月沙翁の庭は花ざかり




沙翁(さおう)とはシェイクスピア翁のこと。
近くの公園の中にシェイクスピア・ガーデンという、英國風の庭があります。
芝生とラベンダーなどのハーブガーデン、日時計と石のベンチがあるだけの質素な庭ですが
好きな場所のひとつです。

真夏の夜の夢でも上演したら似合いそう。
そして、ハムレットのなかでオフィーリアによって語られる花言葉の花があるかしらと
ハーブガーデンを眺めるのも楽しみのひとつです。


この絵はさほど古いわけではありませんが、私が以前に追っていた風景の名残をとどめています。

[青水無月]の続きを読む
  1. 2008/06/19(木) 23:32:38|
  2. わたしの絵と俳句
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

うちの働き者

今日は、わが家の働き者、ジェームズを紹介いたします。


じゃ~ん!




ジェームズ1






暑いとき、玄関のドアを半開きのまま押さえてくれています。
働く働く、ジェームス・ザ・ドアマン。




ジェームズ2




力尽きて倒れてしまうこともありますが、彼なしには夏は越せません。
きょうもがんばれ!ジェームズ!












にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ



  1. 2008/06/18(水) 11:22:09|
  2. ギャラリー道草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

夏落葉

初夏の頃






夏落葉踏んでおわりははじまりと



「夏落葉」とは「常磐木落葉(ときわぎおちば)」とも云い、常緑樹がすこしずつ葉を落とす、そのことをいいます。
たしかに、以前の勤め先の近くにあった椎や楠の木は初夏の頃、さらさらと古い葉を落としていたように記憶しています。
秋の紅葉の頃の華々しい落葉とはひと味違う、新しい世代にひっそりと場所をゆずるような去り方は
地味ですが、なぜかとても心に残りました。


今日の絵は、SFに来たばかりの頃描いたものです。
明るい日差しにうながされるように色づかいが劇的に変わりました。
ときどき取り出しては眺めて新鮮な思いを忘れないようにしている、お守りのような絵です。




にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ





  1. 2008/06/15(日) 00:00:00|
  2. わたしの絵と俳句
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

夏至の頃

夏至の頃





薄明の惑星で待つ夏の恋




一年でもっとも日の永い時期。
次の恋の相手は、よその星の住人かもしれませんよ。





にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へにほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

  1. 2008/06/13(金) 00:00:00|
  2. わたしの絵と俳句
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ヘアカット

             歌うねず



外にいると、よく知らない人に話しかけられます。

「今何時?」とか、「郵便局はどこ?」とかそんなことがほとんどですが
最近多いのが「その頭どこで切ったの?」

はいはい~~~このあたまちょっと気に入ってるんですよ!
(ねずっち、頭の毛なんてないじゃん?)
いやま、現実のねずっちはちゃんと毛が生えてまして
時々ヘアカットにも行っていますです。

伸ばしっぱなしのロングが好きだったけど、年とともに髪が痩せてきて(トホホ。。。)
さみし~いかんじになってきたので
SF移住後はもっぱらショートにしています。
ショートにすると、ひんぱんに切らないとすぐかっこわるになってしまいますので
2,3ヶ月に一度は切ることになります。

SFでの初ヘアカットは、友人の友人で自宅でサロンを開いているという美容師さん。
完全予約制、というところでした。
お友達価格で安くします、とのことでしたがもともと美容院嫌いのちーねず、なんとなく居心地よくない上にお友達価格とはいえ結構Fancyなお値段に納得いかず、一度でやめてしまいました。
マッサージなんかもしてくれるし、日本が大好きで日本のヘアカタログ雑誌もとりそろえている、勉強熱心ないい人ではあったんだけど。
身にそわないことはするもんじゃないね。

でいま落ち着いてるのは近くのスーパーの隣にある床屋。日本で言う1000円カット。
$12+チップでうまーくやってくれます!
言葉で希望を伝えるのはいまひとつ不安だったので
webでみつけた、日本のヘアカタログの写真をプリントして見せたらもう安心。
できばえは素晴らしいのひとことでした。

カット後の、首筋や顔についた髪の毛を払ってくれるのがイマイチ不完全ですが
うちに帰ってシャワー浴びれば問題なし。

ほめられるとのぼせあがって小躍りしたくなるほどうれしくって
(ちーねずよろこばすのは安上がりだね)
うちに帰るとついつい歌ったり踊ったりしまうちーねすでした。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ


  1. 2008/06/07(土) 17:22:26|
  2. ねずっち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

青野

blue_heart


  
           青野飛ぶとき青に染む旅行鳩






きょうはと~ってもいいお天気でした。
お天気がいいとそれだけで一日よい気分。
頭上をさえぎる雲もなく、すかっと宇宙までつながっている感じ。
鳥のように飛んでいくなら、こんな日です。

いつものように、週に一度のボランティアにでかけ
ファーマーズマーケットで杏を買って帰ってきました。
とくになにもない、なにもないのがなにより幸せな一日。





にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
  1. 2008/06/05(木) 16:50:27|
  2. わたしの絵と俳句
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

霧めいた夜

濃い霧は、夏の風物詩。

(といったもののこの絵のどこに霧が・・・?雰囲気だけにせよ、見えないよ・・・。)






霧めいた夜部分

「霧めいた夜」部分  水彩/紙 8 1/4X6 3/4inch




今日はわたしの使っている絵の具のお話をしましょう。
[霧めいた夜]の続きを読む
  1. 2008/06/03(火) 22:23:29|
  2. わたしの絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

六月の声

先日の、Einglish Haikuとともにのせた私の絵は、こちらの絵が元になっています。




六月の声



テーマは「海」です。 [六月の声]の続きを読む
  1. 2008/06/01(日) 00:00:00|
  2. わたしの絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。